v1.0.0へのアップグレードガイド

このガイドはUsacloud v0系を利用していた方がv1へアップグレードする際のガイドです。

主な変更点

インストール方法

配布サイト https://releases.usacloud.jp/usacloud の廃止

yum/dnf/aptコマンドでのインストールで使用していたリポジトリ https://releases.usacloud.jp/usacloudが廃止されました。
代わりにGitHub Releasesを利用してください。

https://github.com/sacloud/usacloud/releases/latest/

MacOS/Linuxの場合は以下のインストールスクリプトが利用可能です。

$ curl -fsSL https://github.com/sacloud/usacloud/releases/latest/download/install.sh | bash

シェル補完(Shell Completion)の有効化

シェル補完(Shell Completion)を有効にする方法が変更されました。
bash_completionなどのシェル補完が利用できる場合は、以下のコマンドで有効に出来ます。

Bash

#Linuxの場合
$ usacloud completion bash > /etc/bash_completion.d/usacloud

#MacOSの場合
$ usacloud completion bash > /usr/local/etc/bash_completion.d/usacloud

Zsh

$ usacloud completion zsh > "${fpath[1]}/_usacloud"

Fish:

$ usacloud completion fish > ~/.config/fish/completions/usacloud.fish

全ゾーン対象の操作

--zoneallを指定することで全ゾーン一括操作が可能になりました。

# 全ゾーンのサーバ一覧
$ usacloud server list --zone=all

restコマンドの追加

usacloud restでさくらのクラウドAPIを直接リクエストできるようになりました。
詳細はrestコマンドを参照してください。

アウトプットタイプ

CSV/TSV出力の廃止

--output-typeへのcsv/tsvが廃止されました。代わりに--foramtオプションやJSON出力+jqコマンドなどをご利用ください。

--selectorオプションの廃止

--selectorオプションで操作対象をタグで指定可能でしたが、v1では引数にID/名称/タグを指定可能になりました。

no results出力の廃止

v0では操作対象がない場合にno resultsと出力されましたが、v1では何も出力されなくなりました。

廃止されたコマンド

  • summaryコマンドは廃止されました。