コンテンツにスキップ

Grafana Inputs

Grafanaを利用する場合の設定について記載します。

前提条件

  • GrafanaからGrafana Inputsへのネットワーク疎通が可能なこと
  • Grafana InputsからAutoScaler Coreへの疎通が可能なこと

Grafanaの設定

Grafana Inputsを利用するにはGrafana側でNotification Channelを設定した上でAlertsを設定する必要があります。

Notification Channelの設定

AutoScaler CoreへのUpまたはDownリクエストを送信するためのWebhookをNotification Channelに登録します。

notification_channel.png

パラメータは以下のように入力します。

  • Name: 任意
  • Type: webhook
  • Url:
  • スケールアップ/スケールアウト用のエンドポイント: <Grafana InputsのURL>/up?[key=value]...
  • スケールダウン/スケールイン用のエンドポイント: <Grafana InputsのURL>/down?[key=value]...
  • Http Method: POST | PUT (どちらでも可)

Urlには以下のパラメータが指定可能です。

  • source: リクエスト元を識別するための名称。任意の値を利用可能。デフォルト値:default
  • resource-name: 操作対象のリソースの名前。Coreのコンフィギュレーションで定義したリソース名を指定する。デフォルト値:default
  • desired-state-name: 希望する状態の名前。Coreのコンフィギュレーションで定義したプラン名を指定する。特定の時刻に特定のスペックにしたい場合などに利用する。デフォルト値:""

これらのパラメータを複数指定する場合は&で繋げて記載します。

Urlの記載例: http://example.com:8080/up?source=grafana&resource-name=resource1

Config Fileによるプロビジョニングを行う場合の例

# /etc/grafana/provisioning/notifiers/example.yaml
notifiers:
  - name: "AutoScaler:Up"
    type: webhook
    org_id: 1
    uid: 1
    is_default: false
    send_reminder: false
    frequency: 30m
    disable_resolve_message: true
    settings:
      autoResolve: true
      httpMethod: "POST"
      uploadImage: false
      url: "http://example.com:8080/up?source=grafana&resource-name=resource1"

APIで登録する場合の例

GrafanaのAPI(POST /api/alert-notifications)を利用してNotification Channelを登録する例:

POST /api/alert-notifications HTTP/1.1
Accept: application/json
Content-Type: application/json
Authorization: Bearer eyJrIjoiT0tTcG1pUlY2RnVKZTFVaDFsNFZXdE9ZWmNrMkZYbk

{
  "name": "AutoScaler: Up",
  "type": "webhook",
  "isDefault": false,
  "sendReminder": false,
  "disableResolveMessage": true,
  "frequency": "",
  "settings": {
    "autoResolve": true,
    "httpMethod": "POST",
    "uploadImage": false,
    "url": "http://example.com:8080/up?source=grafana&resource-name=resource1"
  }
}

GrafanaでのAlert設定

Note: AutoScalerによる操作でアラート状態が解消できるようなルールを設定してください。
AutoScaler Coreは同一のresource-group-nameへのリクエストを冷却期間の間は無視しますが、冷却期間がすぎると再度リクエストを受け付けるようになります。
このためアラートの条件設定次第ではスケール動作を繰り返してしまいます。

TLS関連設定

Inputs共通設定を参照ください。