ロードバランサ: sakuracloud_load_balancer

ロードバランサの情報を参照するためのデータソース

Example Usage

data "sakuracloud_load_balancer" "foobar" {
  filter {
    names = ["foobar"]
  }
}

Code Editor

Argument Reference

  • filter - (Optional) 参照対象をフィルタリングするための条件。詳細はfilterブロックを参照
  • zone - (Optional) 対象ゾーンの名前 (例: is1a, tk1a)
filterブロック
  • condition - (Optional) APIリクエスト時に利用されるフィルタリング用パラメータ。詳細はconditionブロックを参照
  • id - (Optional) 対象リソースのID
  • names - (Optional) 対象リソースの名前。指定値と部分一致するリソースが参照対象となる。複数指定した場合はAND条件となる
  • tags - (Optional) 対象リソースが持つタグ。指定値と完全一致するリソースが参照対象となる。複数指定した場合はAND条件となる
conditionブロック
  • name - (Required) 対象フィールド名。大文字/小文字を区別する
  • values - (Required) 対象フィールドの値。複数指定した場合はAND条件となる

Attribute Reference

  • id - ID
  • description - 説明
  • icon_id - アイコンID
  • name - 名前
  • network_interface - ネットワーク設定。詳細はnetwork_interfaceブロックを参照
  • plan - プラン。次のいずれかとなる [standard/highspec]
  • tags - タグ
  • vip - VIPのリスト。詳細はvipブロックを参照
network_interfaceブロック
  • gateway - ゲートウェイIPアドレス
  • ip_addresses - IPアドレスのリスト
  • netmask - サブネットマスク長
  • switch_id - スイッチID
  • vrid - VRID
vipブロック
  • delay_loop - チェック間隔秒数
  • description - 説明
  • port - ポート番号
  • server - 実サーバのリスト。詳細はserverブロックを参照
  • sorry_server - ソーリーサーバのIPアドレス
  • vip - VIP(仮想IPアドレス)
serverブロック
  • enabled - 有効フラグ
  • ip_address - IPアドレス
  • path - HTTP/HTTPSチェック時に利用されるリクエストパス
  • protocol - ヘルスチェックのプロトコル。次のいずれかとなる [http/https/tcp/ping]
  • status - HTTP/HTTPSチェック時に利用されるレスポンスコード