シンプル監視: sakuracloud_simple_monitor

Example Usage

resource "sakuracloud_simple_monitor" "foobar" {
  target = "www.example.com"

  delay_loop = 60
  health_check {
    protocol    = "https"
    port        = 443
    path        = "/"
    status      = "200"
    host_header = "example.com"
    sni         = true
    # username    = "username"
    # password    = "password"
  }

  description = "description"
  tags        = ["tag1", "tag2"]

  notify_email_enabled = true
  notify_email_html    = true
  notify_slack_enabled = true
  notify_slack_webhook = "https://hooks.slack.com/services/xxx/xxx/xxx"
}

Code Editor

Argument Reference

  • target - (Required) 監視対象のIPアドレス、またはFQDN / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • health_check - (Required) ヘルスチェック設定。詳細はhealth_checkブロックを参照
  • delay_loop - (Optional) チェック間隔秒数 / 60-3600の範囲で指定 / デフォルト:60
  • enabled - (Optional) 有効フラグ / デフォルト:true

Note

targetはIPv4アドレス、またはAレコードが設定されたFQDNを指定する必要があります。
IPv6アドレスには対応していません

health_checkブロック
  • protocol - (Required) プロトコル / 次のいずれかを指定 [http/https/ping/tcp/dns/ssh/smtp/pop3/snmp/sslcertificate]
  • port - (Optional) ポート番号
DNSチェック関連
  • excepcted_data - (Optional) DNSチェック時の期待値
  • qname - (Optional) DNSチェック時のクエリで利用するFQDN
HTTP/HTTPSチェック関連
  • host_header - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のHostヘッダの値
  • password - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のBASIC認証で利用するパスワード
  • username - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のBASIC認証で利用するユーザー名
  • path - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のリクエストパス
  • sni - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のSNI有効フラグ
  • status - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のレスポンスコード
証明書チェック関連
  • remaining_days - (Optional) 証明書チェックでの有効期限残日数の閾値 / 1-9999の範囲で指定
SNMP関連
  • community - (Optional) SNMPコミュニティ名
  • oid - (Optional) SNMP OID
  • snmp_version - (Optional) SNMPバージョン / 次のいずれかを指定 [1/2c]

通知関連

  • notify_email_enabled - (Optional) e-mailでの通知の有効フラグ / デフォルト:true
  • notify_email_html - (Optional) e-mailでの通知時のHTMLメール有効フラグ
  • notify_interval - (Optional) 再通知間隔(単位:時間) / 1-72の範囲で指定 / デフォルト:2
  • notify_slack_enabled - (Optional) slack/discordでの通知の有効フラグ
  • notify_slack_webhook - (Optional) slack/discordでの通知で利用するWebhookのURL

Common Arguments

  • description - (Optional) 説明 / 1-512文字で指定
  • icon_id - (Optional) アイコンID
  • tags - (Optional) タグ

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 5分)
  • update - 更新 (デフォルト: 5分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 5分)

Attribute Reference

  • id - ID