シンプル監視: sakuracloud_simple_monitor

シンプル監視の情報を参照するためのデータソース

Example Usage

data "sakuracloud_simple_monitor" "foobar" {
  filter {
    names = ["foobar"]
  }
}

Code Editor

Argument Reference

  • filter - (Optional) 参照対象をフィルタリングするための条件。詳細はfilterブロックを参照
filterブロック
  • condition - (Optional) APIリクエスト時に利用されるフィルタリング用パラメータ。詳細はconditionブロックを参照
  • id - (Optional) 対象リソースのID
  • names - (Optional) 対象リソースの名前。指定値と部分一致するリソースが参照対象となる。複数指定した場合はAND条件となる
  • tags - (Optional) 対象リソースが持つタグ。指定値と完全一致するリソースが参照対象となる。複数指定した場合はAND条件となる
conditionブロック
  • name - (Required) 対象フィールド名。大文字/小文字を区別する
  • values - (Required) 対象フィールドの値。複数指定した場合はAND条件となる

Attribute Reference

  • id - ID
  • delay_loop - チェック間隔秒数
  • description - 説明
  • enabled - 有効フラグ
  • health_check - ヘルスチェック。詳細はhealth_checkブロックを参照
  • icon_id - アイコンID
  • notify_email_enabled - e-mailでの通知の有効フラグ
  • notify_email_html - e-mail通知でのHTMLメール有効フラグ
  • notify_interval - 再通知間隔秒数
  • notify_slack_enabled - slackでの通知の有効フラグ
  • notify_slack_webhook - slack/discordでの通知を利用する場合のwebhookのURL
  • tags - タグ
  • target - 監視対象のIPアドレス、またはFQDN
health_checkブロック
  • community - SNMPチェック時に利用されるSNMPコミュニティ名
  • excepcted_data - DNSチェック時の期待値
  • host_header - HTTP/HTTPSチェック時のリクエストのHostヘッダの値
  • oid - SNMPチェック時に利用されるOID
  • password - HTTP/HTTPSチェック時のBASIC認証で利用されるパスワード
  • path - HTTP/HTTPSチェック時のリクエストパス
  • port - 対象ポート番号
  • protocol - プロトコル。次のいずれかとなる [http/https/ping/tcp/dns/ssh/smtp/pop3/snmp/sslcertificate]
  • qname - DNSチェック時のクエリの値
  • remaining_days - SSL証明書チェック時の証明書有効日数の閾値
  • sni - HTTP/HTTPSチェック時のSNI有効フラグ
  • snmp_version - SNMPチェック時のSNMPバージョン
  • status - HTTP/HTTPSチェック時のレスポンスコード
  • username - HTTP/HTTPSチェック時のBASIC認証で利用されるユーザー名