データベースアプライアンス: sakuracloud_database

Example Usage

variable username {}
variable password {}
variable replica_password {}

resource "sakuracloud_database" "foobar" {
  name          = "foobar"
  database_type = "mariadb"
  plan          = "30g"

  username = var.username
  password = var.password

  replica_password = var.replica_password

  network_interface {
    switch_id     = sakuracloud_switch.foobar.id
    ip_address    = "192.168.11.11"
    netmask       = 24
    gateway       = "192.168.11.1"
    port          = 3306
    source_ranges = ["192.168.11.0/24", "192.168.12.0/24"]
  }

  backup {
    time     = "00:00"
    weekdays = ["mon", "tue"]
  }

  description = "description"
  tags        = ["tag1", "tag2"]
}

resource "sakuracloud_switch" "foobar" {
  name = "foobar"
}

Code Editor

Argument Reference

  • name - (Required) 名前 / 1-64文字で指定
  • database_type - (Optional) データベースタイプ / 次のいずれかを指定 [mariadb/postgres] / この値を変更するとリソースの再作成が行われる / デフォルト:postgres.
  • plan - (Optional) プラン / 次のいずれかを指定 [10g/30g/90g/240g/500g/1t] / この値を変更するとリソースの再作成が行われる / デフォルト:10g.

ユーザー関連

  • username - (Required) デフォルトユーザー名 / 3-20文字で指定 / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • password - (Required) デフォルトユーザーのパスワード

ネットワーク関連

network_interfaceブロック
  • switch_id - (Required) スイッチID / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • gateway - (Required) ゲートウェイIPアドレス / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • ip_address - (Required) IPアドレス / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • netmask - (Required) サブネットマスク長 / 8-29の範囲で指定 / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • port - (Optional) ポート番号 / 1024-65535の範囲で指定 / デフォルト:5432
  • source_ranges - (Optional) データベースアプライアンスにアクセスできるIPアドレス、またはCIDRブロックのリスト

バックアップ関連

backupブロック
  • time - (Optional) バックアップ取得時刻 / HH:mm形式で指定
  • weekdays - (Optional) バックアップ取得曜日のリスト / 各要素は次のいずれかを指定 [sun/mon/tue/wed/thu/fri/sat]

レプリケーション関連

  • replica_password - (Optional) レプリケーションユーザーのパスワード
  • replica_user - (Optional) レプリケーションユーザー名 / デフォルト:replica

Common Arguments

  • description - (Optional) 説明 / 1-512文字で指定
  • icon_id - (Optional) アイコンID
  • tags - (Optional) タグ
  • zone - (Optional) リソースを作成する対象ゾーンの名前(例: is1a, tk1a) / この値を変更するとリソースの再作成が行われる

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 60分)
  • update - 更新 (デフォルト: 60分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 20分)

Attribute Reference

  • id - ID