GSLB: sakuracloud_gslb

Example Usage

resource "sakuracloud_gslb" "foobar" {
  name = "example"

  health_check {
    protocol    = "http"
    delay_loop  = 10
    host_header = "example.com"
    path        = "/"
    status      = "200"
  }

  sorry_server = "192.2.0.1"

  server {
    ip_address = "192.2.0.11"
    weight     = 1
    enabled    = true
  }
  server {
    ip_address = "192.2.0.12"
    weight     = 1
    enabled    = true
  }

  description = "description"
  tags        = ["tag1", "tag2"]
}

Code Editor

Argument Reference

  • name - (Required) 名前 / 1-64文字で指定
  • health_check - (Required) ヘルスチェック。詳細はhealth_checkブロックを参照
  • server - (Optional) 実サーバのリスト。詳細はserverブロックを参照
  • weighted - (Optional) 重み付け振り分けの有効フラグ
  • sorry_server - (Optional) ソーリーサーバのIPアドレス
health_checkブロック
  • protocol - (Required) プロトコル / 次のいずれかを指定 [http/https/tcp/ping]
  • delay_loop - (Optional) チェック間隔秒数 / 10-60の範囲で指定
  • host_header - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時に利用されるHostヘッダの値
  • path - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のリクエストパス
  • port - (Optional) TCPチェック時のポート番号
  • status - (Optional) HTTP/HTTPSチェック時のレスポンスコード
serverブロック
  • ip_address - (Required) IPアドレス
  • enabled - (Optional) 有効フラグ
  • weight - (Optional) 重み付け振り分けが有効な場合のウェイト / 1-10000の範囲で指定

Common Arguments

  • description - (Optional) 説明 / 1-512文字で指定
  • icon_id - (Optional) アイコンID
  • tags - (Optional) タグ

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 5分)
  • update - 更新 (デフォルト: 5分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 5分)

Attribute Reference

  • id - ID
  • fqdn - GSLBにアクセスするためのFQDN。この値は通常CNAMEレコードの値として利用します