サーバ: sakuracloud_server

Example Usage

resource "sakuracloud_server" "foobar" {
  name        = "foobar"
  disks       = [sakuracloud_disk.foobar.id]
  description = "description"
  tags        = ["tag1", "tag2"]

  network_interface {
    upstream         = "shared"
    packet_filter_id = data.sakuracloud_packet_filter.foobar.id
  }

  disk_edit_parameter {
    hostname        = "hostname"
    password        = "password"
    disable_pw_auth = true

    # ssh_key_ids     = ["<ID>", "<ID>"]
    # note {
    #  id         = "<ID>"
    #  api_key_id = "<ID>"
    #  variables = {
    #    foo = "bar"
    #  }
    # }
  }
}

data "sakuracloud_packet_filter" "foobar" {
  filter {
    names = ["foobar"]
  }
}

data "sakuracloud_archive" "ubuntu" {
  os_type = "ubuntu"
}

resource "sakuracloud_disk" "foobar" {
  name              = "{{ .arg0 }}"
  source_archive_id = data.sakuracloud_archive.ubuntu.id
}

Code Editor

Argument Reference

  • name - (Required) 名前 / 1-64文字で指定
  • cdrom_id - (Optional) サーバに挿入するCD-ROM(ISOイメージ)のID
  • force_shutdown - (Optional) terraform apply時にAPI経由でシャットダウン、または再起動する際に強制終了するフラグ
    ACPIが利用できないサーバの場合trueに設定する

スペック関連

  • commitment - (Optional) vCPUの割り当て方法 / 次のいずれかを指定
    • standard(デフォルト): 通常
    • dedicatedcpu: コア専有
  • core - (Optional) vCPUの割り当て数 / デフォルト:1
  • memory - (Optional) メモリサイズ(GiB単位) / デフォルト:1
  • network_interface - (Optional) NIC設定のリスト。詳細はnetwork_interfaceブロックを参照
  • interface_driver - (Optional) NICのドライバー / 次のいずれかを指定 [virtio/e1000] / デフォルト:virtio
  • private_host_id - (Optional) 専有ホストのID

Note

corememoryに指定できる値の組み合わせはさくらのクラウドドキュメントなどを参照ください。
usacloud server-plan lsコマンドでも確認できます。

Note

network_interfaceは省略可能ですが、省略した場合NICが接続されていない状態のサーバが作成されます。
通常は1つ以上指定してください。

network_interfaceブロック
  • upstream - (Required) 上流ネットワーク設定 / 次のいずれかを指定する
    • shared: 共有セグメント(100Mbps)
    • disconnect: 切断
    • <switch id>: スイッチのID
  • packet_filter_id - (Optional) NICにアタッチするパケットフィルタのID
  • user_ip_address - (Optional) 表示用IPアドレス / upstreamにスイッチIDが指定されている時のみ有効 / この項目は表示用で実際のサーバのNIC設定には影響しない

ディスク関連

  • disk_edit_parameter - (Optional) ディスクの修正APIへのパラメータ。詳細はdisk_edit_parameterブロックを参照
  • disks - (Optional) サーバに接続するディスクのIDのリスト
disk_edit_parameterブロック
  • change_partition_uuid - (Optional) パーティションUUIDを変更するフラグ
  • disable_pw_auth - (Optional) パスワード認証を無効にするフラグ
  • enable_dhcp - (Optional) DHCPクライアントを有効にするフラグ
  • gateway - (Optional) ゲートウェイIPアドレス
  • hostname - (Optional) ホスト名 / 1-64文字で指定
  • ip_address - (Optional) IPアドレス
  • netmask - (Optional) サブネットマスク長
  • note_ids - (Optional/Deprecated) スタートアップスクリプトIDのリスト
  • note - (Optional) スタートアップスクリプト。詳細はnoteブロックを参照
  • password - (Optional) 管理ユーザーのパスワード / 8-64文字で指定
  • ssh_key_ids - (Optional) SSH公開鍵IDのリスト

Note

ディスクの修正API(disk_edit_parameter)はサーバに接続された先頭のディスクに対してのみ有効です。

Note

note_idsは将来のバージョンで削除される予定です。代わりにnoteをご利用ください。

noteブロック
  • id - (Required) スタートアップスクリプトのID
  • api_key_id - (Optional) スタートアップスクリプトに埋め込むAPIキーのID
  • variables - (Optional) スタートアップスクリプトの埋め込み変数に指定する値 / map形式、mapの値は文字列で指定

Common Arguments

  • description - (Optional) 説明 / 1-512文字で指定
  • icon_id - (Optional) アイコンID
  • tags - (Optional) タグ
  • zone - (Optional) リソースを作成する対象ゾーンの名前(例: is1a, tk1a) / この値を変更するとリソースの再作成が行われる

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 5分)
  • update - 更新 (デフォルト: 5分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 20分)

Attribute Reference

  • id - ID
  • dns_servers - DNSサーバのIPアドレスのリスト
  • gateway - ゲートウェイIPアドレス
  • hostname - ホスト名
  • ip_address - IPアドレス
  • netmask - サブネットマスク長
  • network_address - ネットワークアドレス
  • private_host_name - 専有ホストの名前

network_interfaceの各要素は以下の項目も参照可能です。

  • mac_address - MACアドレス