エンハンスドロードバランサ(ACME設定): sakuracloud_proxylb_acme

Example Usage

resource sakuracloud_proxylb_acme "foobar" {
  proxylb_id       = sakuracloud_proxylb.foobar.id
  accept_tos       = true
  common_name      = "www.example.com"
  update_delay_sec = 120
}

data "sakuracloud_proxylb" "foobar" {
  filter {
    names = ["foobar"]
  }
}

Note

このリソースを利用する場合、エンハンスドロードバランサリソース(sakuracloud_proxylb)のcertificateブロックの値は上書きされます。
両者を同時に指定することはできません。

Code Editor

Argument Reference

  • accept_tos - (Required) Let's Encrypt terms of serviceへの同意フラグ
    この項目は明示的にtrueに設定する必要があります / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • common_name - (Required) 証明書発行対象のFQDN / 名前解決できる値を指定する必要があります / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • proxylb_id - (Required) ACME設定を行う対象のエンハンスドロードバランサID / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • update_delay_sec - (Optional) ACME設定を有効にするまでの待ち時間 / この値を変更するとリソースの再作成が行われる

Note

エンハンスドロードバランサでLet's Encryptによる証明書発行を行うにはLet's Encrypt terms of serviceに同意する必要があります。
Let's Encrypt terms of service: https://letsencrypt.org/repository/ このため、このリソースを使用する際はaccept_tostrueを明示的に設定する必要があります

Note

エンハンスドロードバランサでACME設定を有効にするには、common_nameで指定したFQDNを名前解決できる必要があります。
DNSレコードを登録した直後だと名前解決できない場合があります。
このため、必要に応じてupdate_delay_secを適切に設定してください。

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 20分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 5分)

Attribute Reference

certificateブロック
  • additional_certificate - 追加証明書のリスト。詳細はadditional_certificateブロックを参照
  • intermediate_cert - 中間証明書
  • private_key - 秘密鍵
  • server_cert - サーバ証明書
additional_certificateブロック
  • intermediate_cert - 中間証明書
  • private_key - 秘密鍵
  • server_cert - サーバ証明書