パケットフィルタ(ルール): sakuracloud_packet_filter_rules

Example Usage

resource "sakuracloud_packet_filter" "foobar" {
  name        = "foobar"
  description = "description"
}

resource "sakuracloud_packet_filter_rules" "rules" {
  packet_filter_id = sakuracloud_packet_filter.foobar.id

  expression {
    protocol  = "tcp"
    dest_port = "22"
  }

  expression {
    protocol  = "tcp"
    dest_port = "80"
  }

  expression {
    protocol  = "tcp"
    dest_port = "443"
  }

  expression {
    protocol = "icmp"
  }

  expression {
    protocol = "fragment"
  }

  expression {
    protocol    = "udp"
    source_port = "123"
  }

  expression {
    protocol  = "tcp"
    dest_port = "32768-61000"
  }

  expression {
    protocol  = "udp"
    dest_port = "32768-61000"
  }

  expression {
    protocol    = "ip"
    allow       = false
    description = "Deny ALL"
  }
}

Code Editor

Argument Reference

  • packet_filter_id - (Required) ルールを設定するパケットフィルタのID / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • expression - (Optional) フィルタリングルールのリスト。詳細はexpressionブロックを参照 / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
  • zone - (Optional) リソースを作成する対象ゾーンの名前(例: is1a, tk1a) / この値を変更するとリソースの再作成が行われる
expressionブロック
  • protocol - (Required) プロトコル / 次のいずれかを指定 [http/https/tcp/udp/icmp/fragment/ip]
  • allow - (Optional) マッチしたパケットを許可するフラグ
  • destination_port - (Optional) 宛先ポート、または宛先ポート範囲 (例:1024, 1024-2048)
  • source_network - (Optional) 送信元IPアドレス、または送信元CIDRブロック (例: 192.0.2.1, 192.0.2.0/24)
  • source_port - (Optional) 送信元ポート番号、または送信元ポート番号範囲 (例: 1024, 1024-2048)
  • description - (Optional) 説明

Timeouts

timeoutsブロックでカスタムタイムアウトが設定可能です。

  • create - 作成 (デフォルト: 5分)
  • delete - 削除 (デフォルト: 5分)

Attribute Reference

  • id - パケットフィルタのID